「ジャパンネット銀行 残高確認アプリ」でどこでも銀行

口座残高をスマホでチェックできるアプリ

私にはお気に入りのスマートフォンアプリがあります。それは「ジャパンネット銀行 残高確認アプリ」です。このアプリはその名の通りジャパンネット銀行の口座残高をスマートフォンから確認するアプリになります。口座へ入金や引き落としがあるであろう日時にアプリを起動させて口座残高の確認とどこから入金や引き落としが発生したかを確認しています。Visaデビット明細と呼ばれるVisaデビット経由した引き落としを確認する事も出来ます。

ネットバンク.jpg

私が残高確認アプリを使い始めた切っ掛けは家賃等の引き落とし時に残高不足が発生したからです。ジャパンネット銀行の口座は主に支払いの引き落とし口座にしてあるのですがVisaデビットを使用したネットショッピングで買い物していたのを忘れ、残高不足が度々発生してしまいました。スマートフォンから口座確認出来る手段は無いかと調べたのが始まりです。

その後、残高確認アプリを利用して便利に感じたのはネットショッピングをするのにVisaデビットを使用しているのですが、注文した場合に即引き落としが発生せずに時間差があって引き落とされる事があります。この場合、単にネットショッピングサイト側の遅れなのかそれともVisaデビット側の遅れなのか、商品の発送処理されるまで不安になっていました。

もちろん残高不足の場合、口座へ入金処理しなければ発送処理はされません。残高確認アプリを使用すると、何時でもVisaデビットの引き落としが発生したか見えるので不安にならなくなります。Visaデビットの引き落としが遅れている商品があれば、これは発送処理が遅れていて家に届くまで時間が掛かるなという予想もできます。

残高確認アプリを利用せずにスマートフォンのWebブラウザからジャパンネット銀行のサイトにアクセスする事も出来ます。その際は口座番号とログインパスワードを入力してログインする事になります。残高確認アプリを利用すると上記の口座番号とパスワードの組み合わせは使用しません。9つのマスを進む順序をパターンとして登録、それを入力し口座残高を確認する事が出来ます。何時でも何処でも気になった瞬間に片手で口座確認を行う事が出来る訳です。

画面も口座確認するのに特化した作りになっているのでとても見やすいです。スマートフォンから振り込み操作は誤操作が怖いので行わない私にとって、残高確認するだけで十分なのです。またATMで出金しようとした際にアプリから前もって口座残高を確認していれば想定外の口座残高で思考が止まってしまう事もありません。出金した後に再度残高アプリで出金した確認も取れるので、紙のレシートも持ち帰る必要が無くなります。

私があると便利だなと思うスマートフォンアプリは2つあります。まずは自分がいる近くの店舗で空いているATMが見つかるアプリです。インターネットバンクや電子マネーを利用しては居ますが現金での支払いを行う為にATMは利用をする機会は少なくないです。未だに給料日や月末はATMが混雑する傾向が高く、長時間並ぶ場面があります。混み具合で青→黄→赤と調べられれば、混雑を避けて並ぶ時間の短縮が出来て便利だと思います。この店舗のATMは故障しています、という情報も出して欲しいです。

次にATM利用の無料回数が確認できるアプリです。月単位でATMの無料回数が発生するのですがうっかりATMの入出金を多く利用してしまい、手数料が掛かってしまう時があります。ジャパンネット銀行の場合手数料が1回で162円掛かります。これが積み重なってくと馬鹿に出来ない金額になる月があります。ATMを利用する前にアプリで後どれだけ無料回数は残っているか確認出来るのであれば、こういった浪費を防げると感じます。なかなか自分の記憶だけでは細かい回数を覚えるのは難しいです。


Categorised as: